通信制高校の授業の特徴とは

費用が手頃で経済的な負担がとても少なく済む

通信制高校通信制高校のヒューマンキャンパス高校

理由があって学校に通うことが難しい生徒にとって、第3の選択肢 | 多くの人達を受け入れてくれる懐の深さがあります | 費用が手頃で経済的な負担がとても少なく済む

全日制では息が詰まってしまう人も、通信制高校なら苦痛に耐えずに登校したり、スクーリングを受けることができるでしょう。
また嬉しいことに、費用が手頃で経済的な負担がとても少なく済む、もう1つの大きな魅力が存在します。
公立で費用が少な目な学校だと、3年間在籍しても数十万円程度の負担となっています。
私立だと変わってきますが、それでも一般的な全日制に比べればかなりリーズナブルです。
自分で学費を稼いで勉強したり授業が受けられるので、早く経済的に自立したい人にもおすすめできます。
正社員で勤めながらレポートを提出したり、スクーリングでテストを受けている人もいるほどです。
仕事をしているので勉強できない、学費がネックで通うのが難しい、そういう言い訳が不要になる魅力が満載です。
色々な人を受け入れる通信制高校は、カウンセラーが常駐していて、悩みを抱える生徒の相談に乗っています。
保護者の相談に対応する学校まであるので、全日制で継続的に授業を受けるのが難しくても、通信制なら検討してみる余地があるでしょう。
資格取得で社会に出てから役立つスキルを磨いたり、体験学習で経験を増やす授業を採り入れる学校もあります。
卒業してから直ぐに働きたい、といった相談にも乗っていますから、通信制は自分らしく学べる可能性が大きいです。
ただし、時間の確保や勉強の進め方は自分の責任なので、自主的に取り組まないと卒業できなくなります。
最初はペースを掴むのが難しいでしょうが、入学から3ヶ月ほど経てば、自分のペースで2年3年の進級が目指せます。
デメリットにはもう1つ、他の生徒と接する時間がとても少なく、交流があまり深まらない点があげられます。
これは人間関係に抵抗感がある人を受け入れている、学校のスタイルと表裏一体なので、必ずしもデメリットになるとは限らないです。
学校以外での活動をしながら高校の卒業資格取得を目指せるので、通信制を選んでメリットを上手く活用すると、両立が難しい2つのことが両立できるようになります。

やっとやる気になりました底辺です😖

◎高校3年生
◎通信制高校
◎私立文系志望

中学生さんも良かったら繋がってください、というか中学の内容も危ういんで教えてください( т_т )♡もちろん同い年さんも歓迎ですモチベください💧💧#勉強垢さんと繋がりたい #勉強垢さんでいいねした人全員フォロー

— のん (@cr_bnh) 2019年4月8日